新しい自分に出会うきっかけ

イギリス人の父と日本人の母に、6人兄弟の長女として日本生まれ。
日本に暮らしながらも、家庭環境が100%ネイティブという稀な環境で育つ。
体験型の勉強が主だったのですが、特に衝撃を受けたのが中学2年生の時、
父親と同級生4人と行った海外ボランティアツアーだった。
2ヶ月間かけて行ったインド、ネパール、タイで大きな衝撃をうける。
グローバルな観点、視点と触れ
【幸せとは何か】を考えるきっかけになり、
国内&海外ボランテイア活動に積極的に関わる
ようになった。
そして世界の笑顔を増やすために、自分にできることは何かということを考え続け、
スラム街の子供たちのために幼稚園(キンダーガーデン)を立ち上げた
ジェームズ•アンバットさん(代表)の学校を訪問した。

Building Blocks Indiaというキンダーガーデンは2004年に、
部屋一室、1人の先生、数名の生徒からスタートし、
今では、8つの学校施設、
700人近くの3~6歳の子供たちが毎日通える環境ができている。

自分の目と自分の身体と感覚で確かめた結果、予想以上にライフチェンジングなものに。
今ではスラム街で暮らしている子供たちがキンダーガーデン卒業後も
学びが終わらなくていいように、日本で声かけしスポンサーしたい方を募集している。
2012年、わずか数人の子どもの教育費支援からスタートし、
その後、スポンサーの皆様のご支援のおかげで、2018年には71人、
2019年には98人、
2020年には110人の子どもの教育費を日本からサポートさせて頂いている。

体験型のボランティアツアーも含め、 より身近にチャリティーに関わって
新しい自分に出会えるキッカケづくりを提供し続けている。